あなたはどっち派?現金値引きとポイント還元(同割合の場合)

くらし

よく耳にする『ポイント還元』『現金値引き』実際どっちがお得なのか考察してみました

ポイント還元と現金値引きが同割合の場合です

例えば〝5万円のノートパソコンを購入〟するとします

現金値引き20%の場合

5万円の20%は1万円

よって5万円のノートパソコンが4万円で購入できることになりますね

ポイント還元20%の場合

5万円の20%は1万円

よって1万円分のポイントが付与されます

その日にポイント分も使うとすると(5万円+1万円ポイント)で6万円分の買い物ができることになりますね

これを割引率でみると 

5万円÷6万円≒0.83 となり

実際は17%値引きとなるのです

まとめ

つまり支払い金額だけで比較すれば現金値引きの方がお得になるのです!

ポイント還元と聞くとだいぶお得感を感じる方も多いと思います

ポイントが貯まると楽しいし、嬉しいし、満足感も得られる方も少なくないでしょう

ポイント還元の場合だと、またその店で購入してもらう可能性が高くなるといった店側のメリット

貯めてまとめて使うことができる等の消費者側のメリットがあります

しかし、ポイント還元と現金値引きが同割合の場合、実質的な出費は現金値引きの方が少なくお得になるということを覚えておいても損はないと思います!

タイトルとURLをコピーしました