キャンプやアウトドアで使えるバーナー/コンロについて解説します(初級編)

アウトドア

キャンプやアウトドアシーンで食べる料理って

最高に美味しく感じますよね!

炭を使ったBBQ料理もgood!

でも火おこしや火加減・準備や片付けが少し大変…

そこでガス缶を使用したコンロは使い勝手もよく準備や片付けが楽になるだけでなく料理の幅も広がり超便利!

ガス缶の種類

燃料に使われるガス缶の種類にはOD缶CB缶があります

CB缶、OD缶

【OD缶】左側の丸っこい形をしたガス缶

アウトドアで使用されるガスバーナー等で使われる事が多く、アウトドア専門店やキャンプ用品を扱う量販店などでしか入手できません

一番のメリットである「気温が低い時期の野外でも安定した火力が出せる」と共に「見た目のカッコよさやアウトドア感」の面からもキャンプ好きの方々を中心に人気があります

CB缶と比べると少しコストがかかってしまいます

【CB缶】右側の縦長のガス缶

家庭で使われるカセットコンロのほとんどがCB缶を使用しており一度は目にした事がある方も多いと思います

コンビニやスーパーなどで手軽に入手することができ、価格も100円程度から購入できるのも魅力です

いくつかのメーカーより販売されていますが、接続部の規格が統一されてるため機種問わずほとんどのコンロにて使用できます『が!』

(※各メーカーの説明書には指定されたCBを使うよう記されています)

あくまでも個人責任のもとでの使用となります

シングルバーナー(一体型)

バーナーと燃料が直結された一体型タイプ

一体型タイプは軽量でコンパクトに収納ができ、種類によってはクッカーの中にすっぽり納まる製品もあります

荷物を軽く減らすことができることが特徴です

注意点として『輻射熱』があります

ガス缶がバーナー直下にあるため輻射熱によりガス缶が温められ場合によっては爆発する可能性もあることから注意が必要です

そのため輻射熱を多く発する鋳鉄製品の使用は控えるよう説明書に記載されています

ソロキャンプやちょっとした温め料理に向いてるといえるでしょう

シングルバーナー(分離型)

燃料とバーナーがホースでつながった分離型タイプ

バーナーから出るホースと燃料を置くスペースが必要になることと、一体型と比較した場合、持ち運び時に難点があります

重心が低く安定性が高いうえ輻射熱も気にしなくてよいので料理の幅が広がります

大きい鍋での料理やタイプによってはダッチオーブンが使える製品も出されています

ファミリーや仲間との複数人でのキャンプに向いてると言えるでしょう

ツーバーナー(2バーナー)

ファミリーキャンプや友人と一緒のアウトドアシーンにはツーバーナータイプが活躍します

持ち運びを考慮したタイプも多く、グリルや網焼きなどの付属品が充実したタイプがあります

本格的な料理を楽しみたい」または逆に「BBQの準備をなくして簡単に料理を楽しみたい」って方にもオススメです

カセットコンロ

屋外においても風の影響を受けにくく設計されたタイプが多く販売されています

燃料にはCB缶が使われることがほとんどで、ご家庭の食卓でも気軽に使えることができることから

たまに屋外でキャンプで料理をと考えている方は一台持ってるととても助かるかと思います

CB缶を使ったオススメのバーナー/コンロの紹介もしています!

よかったらご覧下さい

☆キャンプに最適カセットコンロを厳選チョイス!CB缶編

キャンプで大活躍の2バーナーコンロ!CB缶編

タイトルとURLをコピーしました